大豆イソフラボンサプリランキング

大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た作用があることで更年期障害やPMSの諸症状を緩和してくれる手助けとなるとして更年期障害に悩む方、PMSの症状で悩む女性達に広く利用されるようになりました。

 

大豆イソフラボンは納豆や味噌、豆乳やオカラなどに含まれていて、その中でもきな粉の含有量が一番多いそうです。ある調査で女子大生250人の尿を測定した結果、尿中イソフラボンの量が全然足りていないことが判明したそうです。大豆を一週間に1、2回も食べていないという結果だったそうですから普段の食事では十分に摂取できないことが分かります。

 

普通の食事で摂れないなら、サプリメントを利用して大豆イソフラボンを取り込まなければいけません。そうすることでPMSの諸症状を和らげていくことが可能になります。

 

大豆イソフラボンサプリランキング

 

女性のミカタ
女性のミカタはチェストツリーを配合していて体の面から健康にしてくれるサプリメント、月見草オイルを配合し、心の面から対処するサプリメントと2種類のサプリを用意しています。女性特有の悩みを心と身体2つの面からサポートしてくれるアイテムです。月経不順、身体のムクミなどのからだの不調には「すこやか編」。イライラなどの集中力低下、不安になる時など精神的な不調には「やすらぎ編」を選ぶことができます。悩み別に特化した成分を厳選配合しているので症状に合わせた対応をすることができます。
価格 評価 備考
税込980円 大豆イソフラボン,サプリ,ランキング エストロゲンサプリ最安値製品

 

ピュアプエラリア
ピュアプエラリアはふんわりと女性らしいボディにしてくれるサプリメント。モデルや美容ライターなどキレイに敏感な女性に注目されている美容サプリメントです。プエラリアは女性の美しさに働きかける天然ハーブ。タイの北部地方ではバストアップ効果、エイジングケアや美肌など女性の美しさに関係する効果を期待して利用されていたそうです。女性の美しさだけでなくkPMSなど女性特有の症状にも効果があるとして利用範囲も広がってきています。
価格 評価 備考
1,980円 大豆イソフラボン,サプリ,ランキング 定期購入でお得なプレゼント

 

LUNA(ルーナ)


ホルモンリズムに合わせた2つのサプリを体のリズムに合わせ使い分けることができます。女性らしいメリハリボディが欲しい方に最適のサプリメント。月経を迎え、代謝が活発になるエストロゲンの比率が高くなる時期には体の面からサポートしてくれるきらきら期用を。排卵からはじまりプロゲステロンの比率が高くなるイライラや憂鬱な気分、不安な気持ちに襲われる時期には心の面からサポートしてくれるまったり期用を利用できます。1種類のサプリメントで対処しているとエストロゲン、プロゲステロンのどちらかが優位になり、ホルモンバランスを崩してしまう原因ともなってしまうので注意が必要です。
価格 評価 備考
税込1,980円 大豆イソフラボン,サプリ,ランキング 90日間全額返金保証

 

ベルタプエラリア


脱毛サロンKITEIMOとコラボしているベルタプエラリア。今なら限定でKITEIMOで脱毛できる一万円のチケットをプレゼントしています。高品質のプエラリアを使っていて純正100%。トリプルAランクのプエラリアを使用しています。多くのカリスマモデルたちもベルタプエラリアを愛用していることを告白。ニュースサイトや専門サイトでも紹介されたことからベルタプエラリアの知名度がどんどん上がってきています。スキンケア大学でも紹介され、その地位は不動のものになりつつあります。定期コースならベルタアップジェルがついてくるなどお得です。
価格 評価 備考
税込6,980円 大豆イソフラボン,サプリ,ランキング 定期パックで3特典

 

ズキラック


ズキラックは気圧の変化やホルモンバランスの崩れから来るあの悩みから開放してくれる天然成分配合のサプリメント。フィーバーフュー、大豆イソフラボン、フランス海岸松樹皮エキス末、マグネシウム、チェストベリー、桂皮、シナモン、冬虫夏草の8種類を一粒に贅沢配合。なにもない毎日を感じてみたい。突然やってくるアレの悩みから開放されたいという方のために毎日飲めるサプリメント使用にしました。徹底した製法と工程を守るためズキラックはGMP認定を取得した工場で独自の審査基準により製造を続けています。一日あたり約99円と経済的負担も少なく飲み続けていくことができます。
価格 評価 備考
2,980円 大豆イソフラボン,サプリ,ランキング 全額返金保証あり

 

大豆イソフラボンの有効成分

大豆イソフラボンは女性特有の症状を和らげてくれるものとして広く知られるようになりましたが、なぜそのような効果があるのでしょう?実は大豆イソフラボンは女性ホルモンの一つであるエストロゲンと科学的にも構造が似ているそう。ですから大豆イソフラボンを身体の中へ摂り入れることによって女性ホルモンの代わりとなってくれるのです。

 

更年期障害になるとエストロゲン不足になるそうです。そんな状況の中、大豆イソフラボンを摂ることで骨粗鬆症の予防、改善。また、関節リウマチの発症率を減少させることができます。週っさんなどでエストロゲンが減少すると手根管症候群にもなりやすくなるそうです。指にしびれや痛みをともなう症状だそうですが、これも大豆イソフラボンを摂取することによって効果を期待することができるそうです。

 

大豆イソフラボンとエクオールの関係

 

大豆イソフラボンが女性ホルモン「エストロゲン」の代わりとなってくれることを先程お伝えしましたが、この仕組みを詳しく説明すると大豆イソフラボンが直接エストロゲンの代わりとなるのではなく、エクオールというものが直接的なエストロゲンの代わりとなるものなのです。

 

エクオールは大豆イソフラボンを摂取することにより大豆イソフラボンの中のダイゼインという成分がエクオール産生菌による代謝でエクオールとなります。このエクオールこそが女性ホルモンに似た働きをするのです。

 

このエクオールを体内で作り出せる人の割合は日本人では約半分。日本人でも30歳未満の若い世代では20%から30%に落ち込むそうです。日頃から大豆食品を摂取している人ほどこの割合も高くなっていくそうですから日頃から大豆食品を摂ることがエクオールを作り出せる体作りに役立つことになります。

 

大豆イソフラボンの副作用と安全性について

 

大豆イソフラボンは昔から日本人に食されてきた食べ物です。常識的な範囲で食品やサプリメントから摂取するこ上では心配する必要はないかと思います。サプリメントで摂取するとしたら一日あたり30mgまで。食事からとる場合の上限値は70から75mgだそうです。ただし、

妊婦さんや15歳未満の子供については普段の食生活でとれる大豆イソフラボンに上乗せしてとる必要はないでしょう。

 

大豆イソフラボンの過剰摂取で心配されることは子宮内膜増殖症の発生リスクが高まること。月経周期が長くなること。月経不順など女性にとって不具合がでてくることが多いです。

 

大豆製品を意図的に大量に摂取したりサプリメントで多く摂りすぎたしない限りは過剰摂取をそれほど気にする必要はないでしょう。